女性

眠気が取れない原因は無呼吸症候群かも|いびきは要注意

日中の活動にも影響

看護師

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸停止を繰り返す病気です。一度に十秒以上呼吸がないことを呼吸停止とし、呼吸停止が一晩に三十回以上もしくは一時間に五回以上ある場合は睡眠時無呼吸症候群と診断されます。睡眠時無呼吸症候群の特徴は、睡眠中に体が休めないということです。本来体を休めるために睡眠をとるのですが、睡眠時無呼吸症候群になると睡眠中の酸素摂取量が減少するため心拍数が上昇します。すると睡眠中も激しく活動しているのと同じ状態になるため、ぐっすり眠ることができず疲れがとれないという症状がでます。本人に感じられる症状としては、日中の疲れやすさ、だるさ、眠気などです。たいていは大きないびきをかくことが多く、口呼吸となることが多いため、のどの渇きを感じることもあります。

睡眠時無呼吸症候群は、太り気味の男性に患者が多いという特徴があります。これは、男性は太るときに上半身に脂肪がつきやすく気道が狭くなりやすいという特徴があるためです。気道が狭い人が罹患することが多いため、もともと首が太く短い人や顔周りに脂肪がつきやすい人ならば太っていなくても注意しなければなりません。女性も閉経後は罹患率が上がるので注意するとよいでしょう。有効な予防策としては、まずは太りすぎの解消があげられます。太りすぎはほかの病気の原因にもなるため解消することが健康への第一歩です。また、アルコールは口呼吸を誘因するため、寝酒の習慣は控えることも大事です。口呼吸を防ぐため口にテープを貼って眠るのもおすすめの予防法です。また医療機関に行って相談するのも大切です。相談することによって、原因やその原因に応じた治療を受けることが出来るからです。