女性

眠気が取れない原因は無呼吸症候群かも|いびきは要注意

がんの最新の治療法

診察

現在のがん治療

現在がん治療は外科的処置、化学療法、放射線療法の3つが大きな柱となっています。しかし、外科的処置は患者の体力などに大きく影響し、化学療法、放射線療法は場合によっては大きな副作用を伴います。しかし、最近ではがんの免疫療法というものが発達してきています。これは人は若い時から身体にがん細胞が発生しますが、若い人はあまりがんを発症しません。これは若い人の免疫機能が低下していないため、がん細胞は増えることができないと考えられています。よって、がんになった人に免疫機能を活性化させることによってがんを駆逐するというのがこの治療法の目的です。この治療法は人が生まれつき持っている免疫機能を活性化させるため、副作用が少ない治療法として注目されています。

治療の最先端

免疫療法の治療のメリットは副作用が少ないということが一番大きなポイントとなっています。身体の免疫機能は老化とともに低下しますが、身体から免疫細胞を採取し、活性化させて培養し、再度患者に投与することでがんを駆逐、また抗体を産生させることでがんを駆逐するという方法が今まで取られてきました。通常の抗体は2本鎖で四量体を形成していて、これで相手を認識していました。しかしHLAという相手を認識するための土台が、がん細胞では発現していない場合があり、この細胞に対しては今までの治療は効果が得られません。しかし近年、CAR-T細胞というものが開発されました。これはがん細胞の表面にHLAが存在しなくても、直接がん抗原を認識して攻撃させるという治療法です。このように免疫療法は注射で行う事ができるため、患者への負担も少なく、非常に注目を集めています。また免疫療法に関する研究も盛んに行なわれているため、今後さらに発展すると考えられます。